新着記事
 カテゴリ
 過去ログ
 過去ログ検索
 最近のコメント
トレジャーガウストの能力がショボ過ぎるw
 ⇒ メロメイd (06/20)
 ⇒ イタチ (03/09)
 ⇒ プラチナゴールド (05/25)
 ⇒ RRR (05/19)
 ⇒ 横山智哉 (03/03)
歴代のスタジオジブリポスター(チラシ)
 ⇒ 仁 (11/24)
 ⇒ Aiba (05/25)
 ⇒ Aiba (05/25)
 ⇒ Katana girl (05/16)
 ⇒ 管理人 (07/22)
ピク飛び!のRSS修正
 ⇒ いく (03/30)
サイトの移転のお知らせ
 ⇒ ちゃべぇぇぇぇ!! (11/03)
 ⇒ どこで覚えたんだ!? (10/18)
 ⇒ おぱぁいでゴシゴシたまんねぇ・・・ (09/26)
 ⇒ 展開はやすぎだろwww (09/14)
 ⇒ 人-妻うますぎ!! (08/17)
 Link
 お知らせ
★なし
当サイトは、「ピク飛び!」に移転しました。 今後の更新は、ピク飛び!で行うことになりますのでよろしくお願いします。 2009/6/14

2006年06月04日

歴代のスタジオジブリポスター(チラシ)

「ゲド戦記」の映画公開日が、7月29日に決定しましたことを記念して歴代のスタジオジブリの映画の宣材、ポスター、キャッチコピーなどを紹介したいと思います。
このページを作る際に、改めてジブリの作品を調べてみると、色々な発見もありましたので、合わせて紹介したいと思います。
風の谷のナウシカタイトル
少女の愛が奇跡を呼んだ
©1984 二馬力・GH
公開1984年
タイトル『風の谷のナウシカ』 Nausicaa of Valley of Wind
監督宮崎駿
主題歌「風の谷のナウシカ」 歌:安田成美
コピー「少女の愛が奇跡を呼んだ」

映画ポスター
風の谷のナウシカ 風の谷のナウシカ
DVD
風の谷のナウシカ
その他
風の谷のナウシカ
正確に言いますと風の谷のナウシカはスタジオジブリ作品ではないのですが、スタジオジブリを語る上で重要な作品ですので紹介しました。
漫画板(全7巻)には、映画では表現されなかった話があるので一度読んでみることをすすめます。



天空の城ラピュタタイトル
ある日、少女が空から降ってきた・・・
©1986 二馬力・G
公開1986年
タイトル『天空の城ラピュタ』 LAPUTA : The Castle in the Sky
監督宮崎駿
主題歌「君をのせて」 歌:井上あずみ
コピー「ある日、少女が空から降ってきた・・・」
天空の城ラピュタ 天空の城ラピュタ 天空の城ラピュタ 天空の城ラピュタ
天空の城ラピュタ 天空の城ラピュタ
スタジオジブリ作品の最高傑作に推すファンも多い。
何を隠そう私も、シータと飛行石をもって恋に落ちたいと思っていた時期があった。
バルス!!

三鷹の森ジブリ美術館の屋上にあるロボット兵は、なかなかの迫力です。



となりのトトロタイトル
このへんないきものはまだ日本にいるのです。たぶん。
©1988二馬力・G
公開1988年
タイトル『となりのトトロ』 My Neighbor TOTORO
監督宮崎 駿
主題歌「さんぽ」 歌:井上あずみ
コピー「このへんないきものはまだ日本にいるのです。たぶん。」
となりのトトロ

比較参照:映画中でサツキがバスを待っているシーン
となりのトトロ
となりのトトロ となりのトトロ となりのトトロ
「となりのトトロ」の一番上のポスターにサツキ(草壁サツキ)がバス停でお父さんの帰りを待っているシーンがありますが、変です。
このシーンではサツキは眠くなったメイをおんぶしているはずなのです。
さらにサツキが映画より幼く見えます。
手に持っているのはお父さんの傘なのでしょうか。
これはなぜかと言うと、初期設定の段階で描かれたポスターだからです。
宮崎駿さんが構想を練るうちに主人公を分化させ、サツキとメイが誕生しました。
二人の少女、サツキ(五月)とメイ(MAY=五月)は、一人の少女から分化していった人物であり、ポスターの少女は、サツキとメイの原型だそうです。
改めて見比べてみると、映画の中のトトロはポスターのトトロより丸くて、かわいい感じがします。

大人になっても純粋な心を忘れずに



火垂るの墓タイトル
4歳と14歳で、生きようと思った。
©1988 野坂昭如・新潮社
公開1988年
タイトル『火垂るの墓』 Tombstone for fireflies
監督高畑 勲
主題歌「はにゅうの宿(原題:Home Sweet Home)」 歌:アメリータ・ガル=クリチ
コピー「4歳と14歳で、生きようと思った。」
火垂るの墓 火垂るの墓
「火垂るの墓」と「となりのトトロ」は二作同時上映だったんですね。
すごい組み合わせです。
野坂昭如さんの実体験に基づいて作られた作品です。
少し話が重いので苦手ですが、見たらやっぱり泣けてくる。



魔女の宅急便タイトル
おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。
©1989角野栄子・二馬力・GN
公開1989年
タイトル『魔女の宅急便』 Kiki's Delivery Service
監督宮崎 駿
主題歌「ルージュの伝言」「やさしさに包まれたなら」 歌:荒井由実
コピー「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」
魔女の宅急便 魔女の宅急便 魔女の宅急便 魔女の宅急便
本名 沖野キキ

まず上の画像を見てほしいのですがジジにたくさん子供ができています(たぶんジジの子供)。
驚きです。
おそらくこのシーンは物語のその後の一部を切り取ったものなのでしょう。
ファンにはたまりません。憎いぞジブリ。
また、このシーンではキキはデッキブラシに乗っていますね。
このことからもこのシーンは、物語のその後と言えるでしょう

が・・・。

お前、デッキブラシ返せよ!!
いけしゃあしゃあとデッキブラシを私物化しています。(お店から新しく借りたものなのかな?)

話し変わって、はたして最後キキはまたジジとしゃべれるようになったのかという問題がありますが、キキと出合った時のジジの喜び様と目つきを見てみると、ジジはまた喋れるようになったのではないでしょうか(喋れない時は目つきが変わるので)。

またまた話は変わるが、何故魔女はほうきにまたがって空を飛ぶと決まっているのだろうか?
いやデッキブラシでもいいのだから、極端な話、あのパイを焼いていたばあさんでもかまわないだろうか・・・
ふと思ったことではあるが職人さんに下記の3つのコラ画像を作って欲しい。

1.飛行船が落ちそうになり、あわてて駆けつけたキキがデッキブラシと間違え、じいさんにまたがって飛んでゆく。(トンボを助けるまでの一部始終を表現)

2.飛行船が落ちそうになり、あわててばあさんにまたがって飛ぶキキ。
そのときセリフは、
キキ  「もうこれでいいや!」
ばあさん「えっ!?」
(存外に乱暴に扱われるばあさん)

3.物語のその後(下の画像)でも、未だほうきとして使われてばあさん。
(もうほうきとして生きていこうと決めている表情、ほうきの毛先は髪の毛で代用する)



おもひでぽろぽろタイトル
私はワタシと旅にでる。
©1991 岡本螢・刀根夕子・GNH
公開1991年
タイトル『おもひでぽろぽろ』 Only Yesterday
監督高畑 勲
主題歌「愛は花、君はその種子」(原曲 THE ROSE) 歌:都はるみ
コピー「私はワタシと旅にでる。」
おもひでぽろぽろ
原曲のTHE ROSEの歌詞が素晴らしいということで先月紹介した。

この作品をただのツンデレと評するにはあまりに陳腐な言葉ではないか。
と言いつつ物語の大半を忘却してしまった。
きっと良い作品だったはずです。



紅の豚タイトル
カッコイイとは、こういうことさ。
©二馬力・GNN
公開1992年
タイトル『紅の豚』 Porco Rosso
監督宮崎 駿
主題歌「さくらんぼの実る頃 Le Temps des cerises」 歌:加藤登紀子
コピー「カッコイイとは、こういうことさ。」
紅の豚
ポルコ・ロッソっていうのは紅の豚って意味だったのか。
「ここではあなたのお国より、もうちょっと人生が複雑なの。」ふむ。
「国家とか民族とかくだらないスポンサーを背負って飛ばなきゃならないんだ。」ふむふむ。
フーテンの寅さんとはまた違った、生き方がかっこいい。



海がきこえるタイトル
高知・夏・17歳
©1993 氷室冴子・GN
公開1993年
タイトル『海がきこえる』 The Ocean Waves
監督望月智充
主題歌「海になれたら」 歌:坂本洋子
コピー「高知・夏・17歳」
海がきこえる 海がきこえる
見たことNeeeeeeeee!! RI・KA・COOOOOOOO!!!?



平成狸合戦ぽんぽこタイトル
タヌキだってがんばってるんだよォ。
©1994 畑事務所・GNH
公開1994年
タイトル『平成狸合戦ぽんぽこ』 POMPOKO
監督高畑 勲
主題歌「いつでも誰かが」 歌:上々颱風(シャン・シャン・タイフーン)
コピー「タヌキだってがんばってるんだよォ。」
平成狸合戦ぽんぽこ
正式タイトルは『総天然色漫画映画 平成狸合戦ぽんぽこ』。
キキ、ポルコ、トトロがひそかに登場しています。
余談ではあるが、ここにでてきているキキが普通のほうきを使っている所を見ると、さすがにデッキブラシはもう返したのだろうか。

印象に残っているのは、映画の最後に、正吉が言った言葉です。
「ニュースで『狸や狐が姿を消した。』何て言っているけど、あれ止めてくれます?そりゃ僕たちは姿を消せるかもしれないけど、うさぎやいたちはどうなんですか?」と私達に問い掛ける。
そのシーンに「いつでも誰かが〜♪きっとそばにいる〜♪」と陽気な音楽が流れてくる。
木は切られ、山は削られてしまう、このどうしようもない状況に悲観しながらもたくましく生きる野性の強さ、悲壮感を感じました。



耳をすませばタイトル
好きなひとが、できました。
©1995 柊あおい/集英社・二馬力・GNH
公開1995年
タイトル『耳をすませば』 Whisper of the Heart
監督近藤喜文
主題歌「カントリー・ロード」 歌:本名陽子
コピー「好きなひとが、できました。」
耳をすませば 耳をすませば 耳をすませば
On Your Mark
最後のスタッフロールの際の映像をよく見ると、杉村と原田がその後どうなるかを知ることができます。
いろいろ言われておりますが一番好きな作品です。
ジブリの作品が出るたびにヒロインに恋している自分を客観的にとらえると、自分は、1984年の『風の谷のナウシカ』以来何も成長してないのではないかと思う。

作品中で雫は大きな夢へと歩き出す小さな自分を自分の書いた物語の中に重ね合わてこう言います。
バロン「遠いものは大きく、近いものは小さく見えるだけのこと。」
バロン「急がねば!小惑星が集まってきた!」
バロン「飛ぼう!上昇気流をつかむのだ!」
(二人が飛び降りる)
バロン「いいぞ!気流に乗った!」
バロン「このままあの塔をいっきに越そう!」
雫「あんなに高く!?」
バロン「なあに、近づけばそれほどのことはないさ。」

ちなみに「遠いものは大きく、近いものは小さく見える世界」の背景美術(上の一番初めのポスターの背景)は、井上直久さんがイバラードの世界で描かかれている絵が使われています。けどそれはまた別のお話。
幻想的なGALLERYが素敵です。

同時上映で『On Your Mark』がある、こちらも良い作品です。



もののけ姫タイトル
生きろ。
©1997 二馬力・GND
公開1997年
タイトル『もののけ姫』 The Princess MONONOKE
監督宮崎 駿
主題歌「もののけ姫」 歌:米良美一
コピー「生きろ。」
もののけ姫 もののけ姫
この作品は絵も綺麗で、世界観も面白い。
ただその内容は本当に難しくいろいろ考えさせられます。
エンディングもハッピーエンドではないですからね。
たたら場に子供がいない理由とか細かく見ていけばきりがないです。
「憎悪と殺戮のさなかに会っても生きるに値することはある。素晴らしい出会いや美しいものは存在しうる。」というのが一つの答えでしょうか。



となりの山田くんタイトル
家内安全は、世界の願い。
©1999 いしいひさいち・畑事務所・GNHB
公開1999年
タイトル『ホーホケキョとなりの山田くん』 MY NEIGHBORS THE YAMADAS
監督高畑 勲
主題歌「ひとりぼっちはやめた」 歌:矢野顕子
コピー「家内安全は、世界の願い。」
となりの山田くん となりの山田くん
もののけ姫の「生きろ」という強いメッセージに対し高畑勲さんが、「そんな堅苦しく考えずに、のほほんとやりましょう」というメッセージを伝える作品(確かではない)。
こういうバランスでジブリは成り立っているのだと感心します。

ギブリーズも忘れずに。



千と千尋の神隠しタイトル
トンネルのむこうは、不思議の町でした。
©2001 二馬力・GNDDTM
公開2001年
タイトル『千と千尋の神隠し』 Spirited Away
監督宮崎 駿
主題歌「いつも何度でも」 歌:木村弓
コピー「トンネルのむこうは、不思議の町でした。」
千と千尋の神隠し 千と千尋の神隠し
当時の社会問題であった援助交際を憂慮した作品なのかな。
主題歌の最後に「海のかなたにはもう探さない。輝くものはいつもここに、私の中に見つけられたから。」という部分があります。
それこそが、この映画で伝えたいことの全てだと思う。



猫の恩返しタイトル
ネコの町、それは、自分の時間を生きられないやつのいくところ。猫になっても、いいんじゃないッ?
©猫乃手堂・TGNDHMT
公開2002年
タイトル『猫の恩返し』 The Cat Returns
監督森田宏幸
主題歌「風になる」 歌 : つじあやの
コピー「ネコの町、それは、自分の時間を生きられないやつのいくところ。猫になっても、いいんじゃないッ?」
猫の恩返し 猫の恩返し 猫の恩返し
「成長した月島雫が書いた物語」という位置づけで、作られていたんですね。
何故コピーを「いいんじゃにゃいッ?」としなかったのだろう。
主題歌を歌っている、つじあやのさんのやさしい歌声が大変素敵でした。



ハウルの動く城タイトル
©2004 二馬力・GNDDDT
公開2004年
タイトル『ハウルの動く城』 Howl's Moving Castle
監督宮崎 駿
主題歌「世界の約束」 歌:倍賞千恵子
コピー「ふたりが暮らした。」
ハウルの動く城 ハウルの動く城 ハウルの動く城 ハウルの動く城 ハウルの動く城
愛は、年齢や容姿など関係ないということ、
高齢化社会に対する、生活保護の充実の必要性を説いているようです。



ゲド戦記タイトル
©2004 二馬力・GNDDDT
公開2006年
タイトル『ゲド戦記』 Tales from Earthsea
監督宮崎吾朗
主題歌「テルーの唄」 歌:手嶌葵
コピー「かつて人と竜はひとつだった。人は大地と海をえらび、竜は風と火をえらんだ。」
ゲド戦記 ゲド戦記
「人々はせわしなく動いているが、どこか空虚である。」
まさに今の現代社会を反映した作品だと聞いております。



スタジオジブリロゴ
Copyright©2006 STUDIO GHIBLI,Inc. All Rights Reserved.

ちなみに千と千尋の神隠し・ハウルの動く城・もののけ姫が、日本映画の興行収入歴代記録の上位を独占しています。
ゲド戦記もがんばって欲しいです。
歴代映画興行成績
歴代日本映画興行成績

最後に
二回目改定終了。
完成まではまだまだ。というか調べていくうちにどんどん書き足すべきところが増えていきます。
ジブリの作品がそれだけ深い世界を持っていると言うことなのでしょう。
自分の文章の下手さをつくづく感じた。
今の所予定はありませんが、ブログではなくHPで作って深く掘り下げていきたいと思った。
2006/6/25

参考サイト
スタジオジブリ STUDIO GHIBLI
スタジオ ジブリ レコーズ
Amazon
スタジオジブリの世界
映画チラシ集めました
スタジオジブリ(チラシ)
愛とジブリの日々
Wikipedia
enjoy Korea
三省堂
HK-DMZ PLUS.COM
耳をすませば
posted by T.Star at 00:56 | コメント(13) | トラックバック(1) | 平和日記
この記事へのコメント
ハウルはwikiに俺が書いた一文を借用している割には結構きつめですね(笑)
俺は大好きで何度も見返してるんですが
(殆どジブリに斜等しているからかもしれないけれど)

アニメの原作を観るなら、ナウシカ(全ジブリファン必読)もののけ姫と魔女の宅急便シリーズ(どちらも図書館にあります)耳をすませば(漫画なので見やすい)、ゲド戦記がオススメです(3作目がアニメでの主題になのも分かる程スゴイ話)

もののけ姫は今回のまとめで新しい視点が見つかりました。
それにしてもジブリはいつになったら私達に、ラピュタの続編を作ってくれるのかなあ・・・
Posted by なめヲ at 2006年06月10日 12:25
コメントありがとうございます。
ハウルの動く城は、一度も見たことがなかったのでwikiから借用して書かせていただきました。
なめヲさんの記述だったのですね。
大変参考になりました。ありがとうございました。
7月21日(金)の金曜ロードショー(日本テレビ系)に「ハウルの動く城」が初登場します。
そこで勉強して今度は自分の言葉で感想を書きたいと思います。
ゲド戦記の最新情報などもありそうなので楽しみですね。

「宮崎作品に出てくる物語の要素やアイデアなどは『ゲド戦記』にインスパイアされたものも多いんです。」
参考:http://www.ghibli.jp/20special/000457.html
と鈴木プロデューサーが言っているぐらいですから、ゲド戦記の原作は面白いんだろうなぁと思っていました。
ゲド戦記、本当に楽しみです。
Posted by 管理人 at 2006年06月10日 19:19
「海がきこえる」見てみろよ。
里伽子に惚れるぜ、きっと。
Posted by ネス at 2006年06月25日 16:06
時間があれば見たいと思いながら、ここまでずるずるきてしまいました。
しかしこんな記事を作ったからには責任を持って見るとたった今決心しました。年内までに・・・
Posted by 管理人 at 2006年06月25日 20:16
はじめまして、ハムと申します。
ジブリ作品、良いですよね。自分も大好きです!

ちょっと気になったので感想(?)おば。

魔女の宅急便ですが、確かエンドロールの中でその後が映されているはずですよ!
そこでは、ジジの子供たちも出てきます。
ジジが、一匹の黒毛の子猫を連れて、キキと一緒にデッキブラシに乗ってたり。

海がきこえるは、映画もですが原作も激しくお勧めです。
好き嫌いが分かれる作風とは思いますが。

耳をすませばのエンディングも良いですよね。個人的には、紅の豚のエンディングも好きです。

後、ぽんぽこにキキ、トトロ、ポルコが出ているというのは知りませんでした!
何回も見てるのに!
借りてきて確認しようかな〜と思っております。

では、長々と失礼しました。
Posted by ハム at 2006年06月26日 19:16
ハムさんコメントありがとうございます。
魔女の宅急便のエンドロールに、その後があるなんて知りませんでした。
というか何で気づかないんだろう?と反省です。

エンドロールではやはりキキはデッキブラシに乗っていたんですね。
返さなくてもいいのかなぁ

なんだか「海がきこえる」だけではなくジブリ作品をもう一度、全部見たくなってきました。
Posted by 管理人 at 2006年06月26日 22:44
ここ数ヶ月で全作品TSUTAYAでDVD借りてみてしまいました人間です。

ちなみに「ぽんぽこ」にはキキ、ポルコ、トトロの他に
「おもひで」の10歳のタエ子も出てきます。
トトロが右下から出てくるのと同時に左上からでてきます。

ちなみに「海がきこえる」の文化祭のシーンでポルコが座ってます。

さらに「耳をすませば」のドワーフの時計の鍵を回してるシーンで「PorcoRosso」(ポルコロッソ)の文字があったり、
職人の人形作りのシーンに小トトロとジジの人形もいたりします。


なんか全部みることがあったら確認してみて下され。
Posted by KoTo at 2006年06月28日 16:33
Kotoさんコメントありがとうございます。
おぉ!細かいけど面白い情報です。
全然知りませんでした。
またまた追記する所が増えてしまいました。

隠れキャラをまとめた記事なんかも作ってみると面白そうだと思いました。
いつかやりたい・・・きっとやるぞ!
Posted by 管理人 at 2006年06月28日 21:40
ハウル見ました。
もう何がなんだか・・・一回見ただけじゃ難しいです。

ついでに「海が聞こえる」も見ました。
面白かった

両作品とも、時間を見て感想を書き足したいと思います(もう全部直したい)。

年内に・・・
Posted by 管理人 at 2006年07月22日 21:55
Japan Steel also means the raw steel of samurai sword in Japan 肉.
It is also called "tamahagane" which is made from chacoal and iron sand
by ancient blast furnace "tatara".
One of a famous high-tech steel maker "Hitachi Metals" only makes it for japanese sword smith.But the way of steel making is real ancient one.
The ancient tatara is located in yasugi izumo shimane Japan where is the land of ancient japanese myth and Princess Mononoke.
Posted by Katana girl at 2008年05月16日 19:56
The movie was seen after a long time recentry.
The latter overwhelms this movie "Last Samurai" with the samurai at the beginning of the Meiji era by the fight with military forces of the West type. The modernization of our country and the spirit of Japan are content something being thought(日).

This time was miraculously the period of the big revolution that the age of of the traditional steel manufacture method "tatara" that supplied the material of arms "Japan Steel" changed places into the modern steel manufacture method with high manufacturing efficiency.

The history of the iron manufacturing company in Japan is first Unpaku steel company in 1899. (Present Hitachi Metals,Ltd Yasugi Works),and second government-owned Yahata steel in 1901(Present Nippon Steel)established.The history of modern steel manufacture of Japan is about more than 100 years if the establishment of the latter is ths start point of modern steel manufacturing.

The operation of Nittoho tatara revived in 1977 was done in the Yokota-cho of Ocizmo in January. It is hear that about ten tons iron sand and same quantity charcoals are burnt three days and night, Ingot iron of 2.5 ton are obtained.And about 30 percent of this is roughly divided into Japanese sword smiths of the whole Japan with Tamahagane as a material of the sword.
In Izumo shimane, the exhibition related to the steel manufacture is in each place. Historical Museum etc. of the iron of of the Japan steel(Wakou) museum in Yasugi-shi,Tatara and swords museum in Oku-Izumo-cho, History of Japan iron Museum, and the route of the inquiry of the history of iron.

As for Izumo, the traditional steel manufacture method has been firmly succeeded with the steel making process in a modern factory though it is an age when people very often pay attention to the new one, and a past thing is deserted.
Because there are material etc. by our company, I will recommend the thing that it is referred, and Izumo of iron and the steel of Japan at the reason hometown is visited by all means.




Posted by Aiba at 2008年05月25日 07:52
The movie was seen after a long time recentry.
The latter overwhelms this movie "Last Samurai" with the samurai at the beginning of the Meiji era by the fight with military forces of the West type. The modernization of our country and the spirit of Japan are content something being thought(日).

This time was miraculously the period of the big revolution that the age of of the traditional steel manufacture method "tatara" that supplied the material of arms "Japan Steel" changed places into the modern steel manufacture method with high manufacturing efficiency.

The history of the iron manufacturing company in Japan is first Unpaku steel company in 1899. (Present Hitachi Metals,Ltd Yasugi Works),and second government-owned Yahata steel in 1901(Present Nippon Steel)established.The history of modern steel manufacture of Japan is about more than 100 years if the establishment of the latter is ths start point of modern steel manufacturing.

The operation of Nittoho tatara revived in 1977 was done in the Yokota-cho of Ocizmo in January. It is hear that about ten tons iron sand and same quantity charcoals are burnt three days and night, Ingot iron of 2.5 ton are obtained.And about 30 percent of this is roughly divided into Japanese sword smiths of the whole Japan with Tamahagane as a material of the sword.
In Izumo shimane, the exhibition related to the steel manufacture is in each place. Historical Museum etc. of the iron of of the Japan steel(Wakou) museum in Yasugi-shi,Tatara and swords museum in Oku-Izumo-cho, History of Japan iron Museum, and the route of the inquiry of the history of iron.

As for Izumo, the traditional steel manufacture method has been firmly succeeded with the steel making process in a modern factory though it is an age when people very often pay attention to the new one, and a past thing is deserted.
Because there are material etc. by our company, I will recommend the thing that it is referred, and Izumo of iron and the steel of Japan at the reason hometown is visited by all means.
Posted by Aiba at 2008年05月25日 07:55
ジブリ大好きです!

ひとつだけ補足として
魔女の宅急便のキキの名字は
「沖野」ではないみたいですよ。
「オキノ」はお父さんの本名らしいです^^

私も最初名字だと思ってましたが(笑)
Posted by 仁 at 2011年11月24日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


 

この記事へのトラックバック

トトロのポスターにサツキとメイの原型が
Excerpt: トトロをめぐる都市伝説を探していたら、サツキ(五月)とメイ(MAY=五月)の「原型」の話がありましたので引用します。  : サツキが映画より幼く見えます。 手に持っているのはお父さんの傘なのでしょう..
Weblog: ricodonの日記
Tracked: 2008-07-30 02:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。